menu

ネイリストになる方法と資格

ネイリスト資格の違いと難しさ

資格の違いと難しさ

ネイリストの資格にも複数種類があります。ご自身に合った資格は何かを知って段階的に取るのが一般的です。

ネイリストの資格ってどんな資格なの?

現在あるネイリストの資格は、大きく分けて2つ。一つは基礎レベルの3級からプロ級の1級までに分かれているネイリスト技能検定試験

もう一つは、初心者や学生向けの試験とプロの試験に分けられているネイルスペシャリスト技能検定試験があります。

プロのネイリストとして活躍するには、必ずしも資格は必要ではありませんが持っていて損はありませんし多種多様な環境で力を試したい、できるだけ高いレベルで活躍したいのであれば持っていたほうが有利です。

そこで必要とされているのが、上記にあげた2つの試験で、特にネイリスト技能検定試験は実施が15年となり、これまでに37万名もの受験者実績がある試験となっています。

どんな人が受験しているの?

まず初心者や学生が少しずつレベルアップを図るなら、ネイリスト技能検定試験3級から受けることをお勧めします。

3級は義務教育を修了したものであれば、どなたでも受験資格がありますが、2級と1級についてはそれぞれ下の級に合格できなければ受ける資格はありません。

一方、受験者の多くが20代、30代の女性でしかもプロのネイリストが受けているのがネイルスペシャリスト技能検定試験のPA/AA/AAA級です。

A級の受験者は学生から20代の方が多く、最近では男性の受験者も少しずつですが増えています。

各試験の難易度はどのくらい?

ネイリスト技能検定試験の3級が全体の9割が合格するのに対し、1級と2級に合格する確率は全体の4割程度と非常に難しくなっています。

またネイルスペシャリスト技能検定試験のA級の合格率は約8割となり、その上のPA/AA/AAA級は非常に難易度が高く実際に現場でネイリストとして活躍しているプロの方でも、合格するのは至難の業。

つまりPA/AA/AAA級の試験に合格できれば、トップクラスのネイリストとして高いレベルで活躍の幅を広げることができ、かつ将来的にネイルを指導する側の講師として活躍する道も広がります。

試験に合格するにはどのような勉強が必要?

いずれの試験にも学科と実技があります。そのため教科書どおりの学習ではなく実践スキルを磨くこともとても大切なのです。

もっとも資格取得に近道な方法は、ネイル専門スクールで学ぶことではないでしょうか。事実、資格取得を現実にしている方のほとんどが、ネイルスクールで学んだ生徒さんであることが証明されています。

その他にも通信講座や独学でのスタイルもありますが、学習への高い意欲、モチベーションの維持、他の誘惑を断ち切れる覚悟と多大な努力が必要で、簡単に資格取得をすることは難しいでしょう。

ネイリストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ネイリストの資格について知りたい!
  • とりあえずネイルの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ネイリストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事