menu

ネイリストになる方法と資格

ネイリストになりたい!向いている性格と適正

向いている性格と適正

ネイリストになる人に向いている人は何と言ってもネイルが好きな人!

ネイルが好きではないのに、ネイリストになっていたら仕事がやっつけ仕事になり、そうするとお客さんにも満足してもらえなくなり、結局仕事がうまくいかなくなります。

ですので、ネイリストになる人はネイルが好きという大前提が必要です。

コツコツと細かい作業と集中力

技術面では、細かい作業を苦にしない人もネイリストに向いていると言えます。お客さんの指先という狭い作業領域でいかにお客さんに満足してもらえるかが重要となります。

手先の器用さと座って作業をするので長時間耐えられる集中力も重要です。もともと日本人にはコツコツと作業をするのが得意という人が少なくないので、日本人向きの職業ともいえます。

コミュニケーション能力も必要

コツコツと作業する能力は必要ですが、一般的にはお客さんとコミュニケーションをしながら作業をする事がほとんどです。

また、「どのようなイメージか」「どんな色、デザインにしたいのか」などお客さんの要望を聞く必要もあります。お客さんの中には上手く伝えられない方もいるので、それをいかに汲み取って満足するようなネイルに仕上げるかにはコミュニケーション能力も大きな要因となるのです。

お客さん以外にも、職場の同僚や上司等とのコミュニケーションも必要ですので、社会人としてのマナーやコミュニケーションは必須と言えます。

流向に敏感!アンテナを張れる人!

ネイリストはネイルがお仕事ですが、それにはある程度の流行りを把握しておく必要があります。

ネイルにはその日のヘアスタイルやファッションが絡んでくる時もあります。特に何かのパーティーやイベントの時には特に注意が必要なのです。その日の格好に合うネイルを要望するお客さんもいるので、どんな服装にどんなネイルが合うのか等の知識は必要なのです。

また、ネイル自体どんどん進化している業界なので、新しいデザインや色を求めるお客さんもいます。

そんな話についていけないと、あまり指名されなくなる可能性もあります。ですので、ネイリスト自身も流向に敏感で、ファッションなどにも興味がある人の方が成功しやすいと言えるのです。

ネイリストは重労働!?

ネイリストの業界は華麗で派手なイメージを持つ方も多いと思いますが、実は見えない大変さも沢山あります。

先ず、基本的に体力がいるお仕事です。美容師さんをイメージしてもらえれば分かると思いますが、朝が早かったり夜が遅い場合もあります。

予約がいっぱい入っていたら、朝から作業しっぱなしで昼食もとれない日もある事でしょう。また、駆け出しなら夜遅くまで練習する事もあるかもしれません。

とにかく、体力面でも元気な方が向いていると言えます。もちろん日々仕事をこなしていくうちに体力が付き慣れてしまうので、ネイリストとして最初の数か月間がキツイと感じる事でしょう。

努力を怠らない人

何事にも言えますが、努力をする人が成功しやすいので、常に努力するという事が必要です。

ネイリストは資格を取ったら終わりではありません。むしろスタートなのです。

常に変化する時代に合わせながら、新しいネイルを学んだりする努力、自分の将来の夢に向かって独力する必要があるのです。

将来は独立してサロンを開業する、ネイルの大会に出場して優勝する、もしくはテレビなどに出て有名になる等どれも努力が必要ですので、ネイリストとして頑張っていこうという意識は常に持ち続けたいものです。

ネイリストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ネイリストの資格について知りたい!
  • とりあえずネイルの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ネイリストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事