menu

ネイリストになる方法と資格

ネイル検定試験前日と当日の流れ

ネイル検定試験前日と当日の流れ

ネイリストの勉強を始めたばかりの方がまず最初に狙うのは、ネイリスト検定3級でしょう。ネイリスト検定3級は、誰でも受験できます。

ただし2級を受けるためには、3級の合格、1級を受けるためには2級の合格が条件となりますので、一つずつ段階をクリアしなければなりません。
これから3級の試験を受けるという方は、慌てず、ゆとりを持って試験に臨むためにも、試験当日の大まかな流れを把握しておくといいでしょう。

検定3級試験を受けるまでに準備するもの・当日の持ちものチェック

当日の検定試験に必要な持ち物を整理しておきましょう。まず必要なのは、受験票です。

受験票は、あらかじめ手にすることができますので、試験当日まで大切に保管しておくようにしましょう。
さらに筆記用具、実技試験に必要なネイル用具一式となっています。

ネイル用具一式については、日頃学校もしくは通信講座で使っているもので十分対応できるかどうかを事前に確認してください。

検定3級試験を受けるまでに準備するもの・会場へ向かう時間のチェック

試験会場がはじめての方は、事前に所在を確認しなければいけません。
さらに当日は絶対に遅れがないよう、向かう時間帯や交通状況を考慮しゆとりを持って行動するようにしてください。

試験当日のリハーサルとして、同じ曜日同じ時間帯に実際に自宅から会場までバスやタクシーなどを使い、30分前に到着できるかを確認するといいでしょう。

検定3級試験を受けるまでの流れ・試験前の手続き

試験申し込みについては、ネイル専門スクールの場合には、学校で手続きを対応していることもありますが、WEBサイトからお申し込みを行う事もできます。

WEBの場合、必要事項を入力し支払い方法を選択、決済が完了したら受験票が住所に届きます。受験票は試験当日に必要となりますので、大切に保管するようにしましょう。

試験の概要

試験は筆記と実技試験が行われます。筆記は時間が30分、実技は60分となっていますので、それ以前に時間配分が十分に活用できるようシュミレーションを行うことも必要です。

筆記試験は、マークシート式でネイリストに必要な基礎知識および基本的な技術が問題となります。実技は、ネイルの基礎となるファイリングやケア、カラーリングの科目が設定されています。

試験終了後はすべての道具と受験票を持ち、会場の外に出てすべてが終了となります。試験結果については、後日郵送にて連絡が入りますが、結果が出るまでに約1ヶ月前後かかるでしょう。

以上のように、試験前日から、当日、終了までのおおよその流れをまとめていますので、試験当日に慌てたり、失敗がないようゆとりをもって行動できるようにしてください。

これまでの成果を意味のないミスでダメにしないよう、十分な事前準備と対策が必要です。

ネイリストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ネイリストの資格について知りたい!
  • とりあえずネイルの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ネイリストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事