menu

ネイリストになる方法と資格

ネイリストの資格を取得している人はどんな人?

資格を取得している人はどんな人

ネイリストの資格取得者の傾向

ネイリストの資格は国家資格ではなく、民間資格ですから事実上資格がなくてもネイリストになることはできます。
ただ、大手サロンへの就職を希望している方が、自分自身の技術力をアピールする場合には具体的な判断材料が必要不可欠です。

その際何かしらの資格があれば、ネイリストとしての活躍の場が広がり生計を立てられるくらいの収入を得ることも可能でしょう。

その結果、以前に比べるとネイリストを目指している多くの方が難しい資格に果敢にチャレンジしている傾向にあるのです。

さらに、本職を抱えながら多くのOLさんがネイリストになるため資格取得に日夜励んできます。

なぜ本業を抱え安定した収入があるOLが数ある資格の中からネイリストの資格取得を選んだのか、それは転職です。

ネイルの仕事といえば、サロンワークのみがクローズアップされていますが、実はそれ以外にも多種多様な働き方があるのです。

例えば、ブライダルシーンで働くネイリスト、モデルや女優などトップアーティストの専属ネイリスト、セレブ御用達の出張ネイリストなど様々な環境で力を発揮することができます。

しかも女性の場合、結婚し、子どもを出産し家庭に収まることを考えると、フルタイムでの勤務は将来的に厳しくなり、かといって子育てもひと段落し、自分の時間を有意義に使える年齢に差し掛かった時にいざ働きたいと思っても、長く主婦として家庭にいた女性が簡単に職場復帰できるほど甘いものではないのです。

そんなとき、ネイリストのように手に職を持っていれば自宅でのんびりとネイリストとして働くこともできますし、パート勤務として働くことも可能です。

さらには、会社という環境にしがみついていることにつかれたOLたちが、好きな美容関連にどっぶりと身をおけるネイリストの資格は、将来的に考えても非常に意味のある資格なのです。

いざというときのため、そして女性としての立場上、ネイリストの資格を選択することには何ら損は無いのです。
ただし働きながら、かつ低予算でネイリストの資格取得ができるまで能力を高めるためには、フリータイム制を導入しているスクールや通信講座がお勧めです。

ネイリスト検定について

ネイリストとして多くの現場で活躍するためには、様々な知識、経験、技術力は必要です。またその技術力と知識の高さをアピールできる方法にネイリスト検定があります。

ネイリスト検定とは、筆記試験と実技試験が行われ、80点以上の点数を獲得したものだけが合格となります。その試験に合格するためには、それに達するだけのレベルアップをしなければいけません。

初めてネイルの勉強をした人は、覚えなければいけない事の多さに圧倒されるかもしれません。

しかし、資格取得が目標ではなく、それを取得してこそ、夢を実現することができるのだということを忘れないようにしましょう。

ネイリストの検定内容は、プロとし活躍する際に最低限必要とされるものばかりです。資格制度は、3段階に分かれており初心者向けの3級から、プロフェッショナルの1級までが準備されています。

3級は誰でも受講できますが、2級は、3級に合格したもの、1級は2級に合格したものでなければ受験できません。検定試験のその日までに、計画的に学習を進めていれば、合格ラインをもぎとることは不可能ではありません。

各スクールや通信講座のパンフレットには、以上のような資格の概要やネイル業界を取り巻く現状ネイリストの将来性、実際に働いている方の体験談などとても多くの情報が記載されています。

また学校で教えてくれる内容や通信講座と学校、独学との違いなども比較できるようになっていますので一度無料の資料を入手してみるといいでしょう。

ネイリストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ネイリストの資格について知りたい!
  • とりあえずネイルの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ネイリストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事