menu

ネイリストになる方法と資格

ネイリストの資格があると就職に絶対有利!独立後にも影響

資格がある人ない人の差

プロのネイリストになるためには、資格は絶対に必要なの?といった質問は非常に多いようです。実はプロのネイリストになるには、特に資格が必要だとは決められていないのです。

今後どうなるかは定かではありませんが、現時点では必ずしも必要だとされている資格はありません。
つまり、ちょっとした技術があれば明日からでもすぐにネイリストとして活動することも不可能ではないのです。

ただ、プロのネイリストに求められているものは単に爪を綺麗にすることだけではありません。
趣味程度であれば、何ら問題はありませんが客に金を払ってもらい、満足させるためにはありとあらゆる技術力、知識が要求されます。

例えば、爪に特殊な液を使って、ネールアートを施した結果アレルギーは起り、爪や手全体に炎症を引き起こしたというケースも少なくありません。

十分な知識が無いままにネイリストとして施術をしたがゆえの最悪の結果です。
また多少ネイルの技術があるからといって、サロンで勤務できるほど甘いものでもありません。

ネイリストの資格取得が推奨されている理由をまとめていますので、参考にしてください。

ネイリストの資格が必要な理由とは

ネイリストには、特に資格は必要ありませんが、資格を持っている人と、もっていない人とでは働く環境に大きな違いがあります。

お金を得ず、好意で友達や家族にネイルをする分には、資格は無くてもいいでしょう。
しかし、プロのネイリストとして有名サロンで勤務したり、世界のトップアーティストを目指す、または講師として活躍したいと思うならば資格を持っていなければその道を開くことはできません。

またフリーや独立するネイリストの方にも資格は必要不可欠です。なぜなら初めてのネイルサロンを利用する客が確認しているのは、どのような資格を持っているかなどです。

お金を払って施術を受けるのですから安心感は絶対です。それなのに無資格のネイリストに対応してもらってもうれしくありませんよね。

特に新規のお客様が数あるネイルサロンやフリーで活躍しているネイリストの中から選ぶ基準となるのが、どのような資格を持っているかという点になります。

1級の資格があれば就職活動に有利

客を安心させることができるネイリストの資格ですが、とはいえ色々な資格があって、それぞれにレベルがあります。
特に難しいとされているのが、1級の資格でこれをもっていれば確実に就職に有利に働くとされています。

資格取得には費用が必要となりますが、持っている人と、もっていない人とでは仕事の幅に大きな違いがありますので、できるだけ努力し取得するようにしましょう。

資格さえ持っていれば、全国にあるすべてのネイルサロンで活躍することもできますし年齢問わずいつまでもネイリストとして活躍することもできるでしょう。

また資格取得をしておくことで、単なるサロン勤務のネイリストだけにとどまらず、最終的にはネイルの知識や技術力を若い人に教える立場として活躍することもできるのです。

講師になることができれば、たとえ年齢の影響で手先の細かい仕事ができなくても、高齢者になるまで教壇に立つことも夢ではないのです。

しつこいようですが、それには資格取得は絶対条件となりますので、難しい資格にも果敢にチャレンジできるように優れた環境に身をおいて勉強するようにしましょう。

ネイリストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ネイリストの資格について知りたい!
  • とりあえずネイルの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ネイリストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事