menu

ネイリストになる方法と資格

ネイリストとはどんな仕事?ネイルアーティストとの違いは?

ネイリストとは

ネイリストとは、爪の専門家で主に美容に関する爪のお手入れをする職業の人です。

もう少し詳しく解説しますと、ネイルケア(爪に関する美容と健康のお手入れ)、ネイルアート(爪の装飾やつけ爪の施術)の二つが主な仕事内容となります。

ネイリストになる人には技術はもちろん、センスやコミュニケーション能力も大切な要素となります。もちろん技術、センス、コミュニケーション能力は身に付けていくことが出来る能力なので、ネイリストになりたい情熱がある人ならばネイリストになる事ができます。

また、ネイリストには国家資格が無いため誰でもその気になればなる事ができます。ただし、一般的には民間資格である「JNEネイリスト技能検定」「INAネイルスペシャリスト技能検定試験」などのネイリスト資格を取るのが普通です。

ネイリストとして働く職場である、サロンや美容院では未経験や資格が無い人を雇うという事はあまりないので、将来的にネイリストとして活躍したいのであれば、資格があるに越したことはありません。

因みに、「ネイルアーティスト」とはネイリストの中でもアートの方を専門的に行う人を指すようですが、現状ではあまり区別されていません。また、一般的にはネイリストの方が広く知られている呼ばれ方です。

日本では、ネイリストで通じますが諸外国では通じません。外国では「ネイルテクニシャン(nail technician)」や「マニキュアリスト(manicurist)」と呼ばれるのが一般なようです。

ネイリストとして活躍するためには?

一般的な流れとしては、専門スクールに通い技術と知識を身に付けます。その後サロンや美容院へ就職するのが最も多い流れです。

それ以外には通信講座で資格を取るという方もいますが、環境や設備面ではスクールの方が整っている事から、資格を取るという面ではスクールの方が可能性が高いと言えます。

もちろん、色々な環境や境遇の方がいるので通信講座の方が向いている場合もあります。

将来的には独立し個人で開業する方もいます。サロンを開業したり、セミナーなどネイルの講義をする講師となる方もいますので、どちらがご自身に向いているか探りながら働くのが良いでしょう。

もちろん、雇われネイリストという道もありますが、収入面では独立した方の方が多くる傾向です。雇われの場合でも、信頼と実績を積めばそれなりのお給料となる事もありますので、ご自身のやりたい事や環境に合わせて選ぶのが良いと言えます。

資格は必要なのか?

ネイリストに国家資格は必要ないので、自分が「私はネイリスト!」と名乗ればネイリストとなります。

ただし、やはり民間資格とはいえネイリストの資格があるのとないのでは、お客さんの立場として違ってきます。お客さんの立場からしてみればきちんと資格を持っている人に施術をしてもらいたいのは当然なのですから。

また、就職面でも資格がある方が断然有利となります。女性ならば出産や子育てという理由で一時的に現場から離れる事もありますが、資格を持っていれば再就職もそれほど難しくはないでしょう。

どのようなネイリストになるにしても、資格はあった方が有利だと認識しておいた方が良いでしょう。

ネイリストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ネイリストの資格について知りたい!
  • とりあえずネイルの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ネイリストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事