menu

ネイリストになる方法と資格

副業としても役に立つネイリストの資格

副業としても役に立つネイリストの資格

幅広い年齢層に注目されているネイリストですが、その資格を持っていると本業として働くことはもちろんですが、副業として役立てることも可能です。

本業の場合には、ネイルサロンへの就職や独立開業がありますが、副業の場合には本業がお休みのときなどを利用し気軽にネイリストとして働くこともできます。

ネイリストを副業にする場合

ネイル専門のサロンは以前に比べとても多くなっています。
しかし、最近ではネイル専門のサロンだけでなく美容室やエステサロンなどのメニューにネイルが加わっているところも多くなっているのです。

つまり、ネイルアートを目的に来店する客だけではないため、フルタイムでは必要ないものの週末のみ、週に1回のみなどの勤務体制が準備されているサロンが増えているのです。

美に関心の高い女性は、頭からつま先までの美を別々の店で対応してもらうよりは、一つのお店でしてもらいたいというのが一般的。

トータルビューティーに対応するには、美容室やエステサロンにもネイリストが必要となっているのが現状です。
ネイリストの資格を持っていれば、副業として活かすことが可能で小遣い稼ぎに十分対応できるのです。

ネイリストを副業にするメリット

さらにネイリストを副業にする場合は、大きな負担を感じる事もなく楽しく続けることができるのもメリットの一つです。

本業でしっかりと稼ぎつつ、週に1回もしくは休日の空いた時間を有効活用し、技術力を実際の現場で磨きながら収入が得られる状況は、毎日がとても充実しているといえます。

副業で養った知識や技術力は、将来大きな力になることも確かです。例えば、不況の昨今いつ本業を失うか分かりません。

そんなとき、手に職を持っていない人はその途端路頭に迷うことになります。
しかし、副業で続けてきたネイリストの技術力があれば、万が一本業を失ってもすぐに新しい仕事に就くことができるのです。

今は副業で楽しく続けているだけの仕事かもしれませんが、それが後に自分自身の大きな力になることは間違いないのです。

その他にも、副業という考えではなく主婦の場合、フルタイムで勤務することはできなくても子供が学校に通っている間などの時間を利用して働くこともできます。

自宅を開業すれば、副業でも十分に稼ぐことが可能で、さらにリピーターを増やすことができれば女手一つでも安定した収入に繋がるはずです。

就職に活かせるネイル資格は何級以上

ネイリストを副業程度に考えている人でも、本格的な仕事として考えている人でもやはり資格は必要です。特にサロンなどで、勤務する場合には、資格を採用条件にしているところも少なくありません。

この先副業から本業に移行することも考えるとやっぱり資格は取っておいて損はないでしょう。ネイリストには、いくつかの検定があり、それぞれにレベルが設定されています。

就職に役立つ資格は最低でも2級以上が好ましいと言われていますのでそれを目標にしてください。

ネイリストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ネイリストの資格について知りたい!
  • とりあえずネイルの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ネイリストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事