menu

ネイリストになる方法と資格

ネイルだけに留まらない基本的な仕事の内容

ネイルだけではない基本的な仕事の内容

ネイリストになりたいと漠然と考えている人の中には、ただ華やかな職業だと思っている方も多いことでしょう。

確かにブライダルシーンや雑誌、テレビで活躍しているモデルさん女優さんなどのネイルアートをみるだけでも、幸福な気持になりそれをアートしているネイリストは、ファッションの最先端にいるような印象も受けますよね。

ですが、ネイリストの仕事は、ただ華やかさだけではありません。ここでは、具体的にどのような仕事内容があるのかを簡単にまとめていますので、参考にしてください。

仕事の流れその1・爪の状態を観察する

まず基本的な事として、ネイリストには爪やネイルそのものではなくハンドケアなどの基本的な知識と技術力が必要となります。

いくら綺麗なネイルアートをしても、土台となる手がボロボロでは美さを求めることはできないからです。作業としては、お客様の爪の状態をよく観察しそれに適したお手入れを始めます。

お客さんに対しては、自宅でも継続的に行える爪のケアアドバイスを行い、血行を良くするマッサージなども同時に取り入れるのが一般的です。

仕事の流れその2・爪の処理をする

ネイルアートを実際に行う前に、器具を使って爪の処理を行います。
爪を綺麗にするためには、生皮の処理、二枚爪や折れてしまった爪のトラブルに対するケア、爪の健康を保つためのメンテナンスが基本です。

そのためネイリストは、ネイルアート技術力だけでなく爪や皮膚にかんする病気などの知識にも詳しくならなければいけません。

サロンの中には、フットケアを取り入れているところもあるなど手足全体の処理に対応しているところもあります。

仕事の流れその3・アートを提案する

土台となる爪の処理が完了したら、次にどのようなネイルアートを施すのかをお客様と一緒に考えていきます。

サロンで、いくつか準備されているデザインもありますがお客様のほとんどが、今着用しているファッションにあったネイルアートやこれから参加するパーティーやデートのシーンにあったネイルアートの依頼をするでしょう。

ただ、お客様がオーダーする内容は具体的ではなく抽象的になるのが一般的。例えば、「春っぽい感じ」「可愛らしく」「かっこよく」などなど。

どんなオーダーに対しても、お客様の要望をくみ取り適切なアイディアをいくつか提案できるのもプロとしては必要不可欠です。

お客様とたくさんのコミュニケーションを重ねることで、イメージが決まったら、早速アートに取り掛かります。

以上がネイリストの大まかな仕事の流れになりますが、ケア技術加え最新のテクニック、さらにはデザイン力、オリジナル力、コミュニケーション能力などあらゆる技術力、能力が必要となります。

特にネイルアートがはじめての方にとっては、緊張と不安で一杯でしょう。お客様を安心させ、リラックスした状態で施術を行い満足してもらうためにもコミュニケーション能力は絶対に必要なのです。

施術終了後は、アフターケア等のカウンセリングを求められることもあるかもしれません。信頼を集め、顧客を増やすためにも技術力やデザイン力以外の接客能力も高められるようにしてください。

ネイリストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ネイリストの資格について知りたい!
  • とりあえずネイルの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ネイリストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事