menu

ネイリストになる方法と資格

長くネイリストとして活躍するために必要な能力

長くネイリストとして活躍するための適正

ネイリストとは、爪のケアやデザインなどを行う職業で今や若い人を中心に大変注目され人気度が高まっています。
最終的な目標を独立開業においている方も多く、将来的には自分のサロンを持ちたいという方もたくさんいます。

ただ、ネイリストというのは爪のケアだけを行うわけではありません。

確かに爪先をおしゃれに着飾るなどのアート技術も必要ですが手先や指先など全般のケア、お客様とのコミュニケーションなどトータル的な能力が要求されます。

趣味の範囲で楽しむなら高い技術力やコミュニケーション能力、爪に関する知識などは必要ありませんがプロとして幅広く活躍するためには、様々な能力や経験は必要不可欠です。

華やかに見えるネイリストですが心身ともに疲労が大きいのも事実です。
単なる憧れだけでネイリストになれたとしても、続けていくことは非常に難しいのが現状です。

ここでは、せっかくなった職を辞さないためにもどのようなタイプの人間がネイリストに向いているのかまとめて見ましたので参考にしてください。

チェックその1・ネイルアートが好き?

ネイリストとして活躍するために、まず必要なのはネイルアートが本当に好きかどうかです。
好きというきもちだけで、それを職業として続けることは当然できません。

しかし好きでなければ、続けることは絶対に不可能なことなのです。
基本的なことかもしれませが、ネイルアートを心から愛し関心が高い人にこそ向いている職業なのです。

チェックその2・センス、個性、忍耐力が必要

ネイルアートは、面積の狭い爪にあらゆるアートを行うものを言います。つまり手先が器用で、忍耐力があるものでなければいけません。

またデザインアートは、その人の個性、センスも問われてきます。さらに独自の発想だけで客を満足させることはできません。

自分のやりたい事を半分抑えつつ、客の要望は100%に近い状態で応えなければいけないでしょう。相手の要望を聞き入れつつ、かつ高いデザイン性と技術力でお客様に納得していただけるネイルアートを施さなければなりません。

つまり柔軟性が高くかつ忍耐強い方でなければネイリストとしては不向きです。また、日々進化しているネイリストの世界で名を残すためには、日々勉強する努力化でなければなりません

チェックその3・コミュニケーション能力

ネイリストは、1対1の作業時間が多いことから客が安心して任せられるようコミュニケーション能力も高くなければなりません。

いくら作業中だからといってお客様の質問に一切答えない、会話が弾まない場合にはただ無意味に客に不安をあおるだけです。

お客様がリラックスした状態でネイル時間を楽しめるためには、適度な会話と説明などのコミュニケーションスキルが要求されます。

口下手、人と接するのが苦手な方には当然不向きです。ネイルはネイリストだけが満足しても意味がありません。

ネイリストが絶対にいやだと思っているデザインでも、客が100%満足してればそれで成功です。お客さんに満足していただくためには、僅かな会話時間の中からでも客も好みを引き出し、ネイルアートに活かせるコミュニケーション能力は絶対なのです。

以上のようにネイリストになるためには、最低限必要なスキルがあります。
元々高いスキルを持っている方もいますが、ネイリストになることを考えると向き不向きがありますので自分はネイリストとして活躍できるのかを事前にチェックするようにしましょう。

ネイリストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ネイリストの資格について知りたい!
  • とりあえずネイルの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ネイリストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事