menu

ネイリストになる方法と資格

ネイリストは活躍する職場で収入に差がでる!

活躍する職場で収入に差がでる

ネイリストとして目指す先は、人によってそれぞれで有名サロンで働きたい人、世界中のあらゆる場所で活躍したい人、いずれは自分の店を持ちオーナーとして活躍したい人など様々です。

ただ、活躍の場所によって収入は大きく異なります。
ここでは、ネイリストとして活躍した場合の気になる収入について調べてみましょう。

ネイリストの収入ケース1・ネイルサロンの場合

もっともポピュラーなのが、ネイル専門スクールや通信教育を終了後ネイルサロンでアルバイトや社員として働くことです。

就職するサロンによっても設定されているお給料や自給に差はありますが、一般的なアルバイトの自給は800円から1200円前後です。

経験を重ね、技術力が認められたら、そのまま社員として登録されることもあります。
その場合、月収で15万から20万前後となり年収が300万前後となるでしょう。

この価格はあくまでも平均的な価格となりますのでサロンや働く時間によっても違います。
サロンによっては、完全歩合給を導入しているところもあって、客から指名された件数によってお給料が発生したり、指名料が通常のお給料に上乗せされるというケースもあります。

店長クラスになると、ネイリストとしてだけでな、お店全体の運営にも関わってきますので月収はアップし30万から40万前後になります。

ただ、サロンの場合売り上げが悪くなればその分サロンそのものがなくなる危険性もありますので、就職先の状況を詳しく調べるようにしてください。

ネイリストの収入ケース2・ネイル講師

ネイリストとしての経験と技術力を養った後、専門のスクールや通信講座で講師として活躍する道もあります。
ネイル講師として働くためには、まずどの程度の経験があるかによって採用の有無が決まります。

未経験でも講師としての腕があれば採用されることもありますが、やはり現場での経験が生徒に大きく影響を与えることを考えるとお給料はやや少なく月収20万円程度。

経験が豊富さらに、働いてきたサロンの知名度、規模などを考慮されると月収40万以上になる事もあります。
さらに講師として活躍するためには、ネイリスト技能検定1級以上の取得も必要不可欠。

それがなければ講師として採用しない学校も多くなっています。
将来的にネイル講師としての活動を視野に入れている方は、この資格も取得するようにしましょう。

ネイリストの収入ケース3・自宅サロン

最終的には、自宅サロン開業を夢見ている学生も少なくありません。やはり憧れは、自宅の一室を利用したホームサロンですよね。

独立開業タイプのネイリストの場合の収入は、実は意外と厳しく月に10万程度の場合もあります。理由としては、すべてのことを自分ひとりで対応しなければならずその分の出費は多くなります。

またネイリストとしてだけでなく、客を呼ぶためには営業マンとしても動かなければいけません。
地道に頑張っていれば、いずれ客が増えスタッフを増やし、規模を拡大することもできますが独立開業はそんなに甘いものではありません。

たゆまぬ努力が実ってこそ、成功を手にすることができるでしょう。
収入だけで働くスタイルを決めるのは、少し寂しい気持もありますが長くプロのネイリストして活躍するためには働いた分の収入は得なければなりません。

かえってくるものが大きければ大きいほどやりがいが感じられるのは事実で、そのためにはどのくらいの収入の見込みがあるのかを知っておくのもまた大切です。

ネイリストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ネイリストの資格について知りたい!
  • とりあえずネイルの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ネイリストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事